ポケモンGO
ポケモンGO攻略|ポケGO速報まとめサイト
ハイパーリーグおすすめ最強パーティの技構成や使い方

ポケモンGO ハイパーリーグおすすめ最強パーティの技構成や使い方

最終更新 : ポケモンGO攻略班
ハイパーリーグおすすめ最強パーティの技構成や使い方

ポケモンGOのハイパーリーグおすすめパーティの技構成や使い方についてまとめています。ハイパーリーグのパーティを作る際の参考にしてください。

パーティ一覧

※パーティ例は順次検証をしながら増やしていく予定です。

ギラティナを軸にしたパーティ

ギラティナを軸にしたパーティ1

タイプ相性表
拡大する
タイプバランスチェッカーはこちら

ギラティナを先頭に配置したパーティ

耐久性能が高く、多くのポケモンに対応できるギラティナ(アナザーフォルム)を先頭に配置している。ギラティナの弱点をカバーするためにレジスチルをいれることで、こおりやドラゴン、フェアリータイプの弱点を補っている。

ラグラージはアローラベトベトン対策

ギラティナが不利なアローラベトベトン対策として、じしんを覚えたラグラージを採用。ラグラージは汎用性が高く、みず・くさ・ドラゴンタイプの相手以外に対しては等倍以上のダメージを与えられるハイドロカノンも強力だ。

ギラティナを軸にしたパーティ2

相性早見表
拡大する
タイプバランスチェッカーはこちら

ギラティナを先頭に配置したパーティ

あまえるを覚えるフェアリータイプやハガネール以外のポケモンに対して比較的安定して戦えるギラティナを先頭に配置したパーティ。

レジスチルはフェアリー対策

1体目のギラティナが不利なフェアリータイプに対して有利なレジスチルを採用。また、3体目は相手の控えにいるラグラージやレジスチル対策としてニョロボンを採用している。

相性によって控えと交代

基本の動きは初手のギラティナで有利な状況を作りつつ、苦手なポケモンが来たらそれぞれレジスチルとニョロボンで対応する。ギラティナとニョロボンはあまえるを覚えるポケモンに弱いため注意が必要。

ギラティナを軸にしたパーティ3

タイプ相性早見
拡大する
タイプバランスチェッカーはこちら

ギラティナを先頭にしたパーティ

初手のギラティナは技の種類と耐久で様々なポケモンと対等に戦うことができる。ギラティナはハガネールとあまえるを覚えたポケモンには不利なのでアーマードミュウツーと交代しよう。

レジスチルはフィニッシャー

レジスチルはギラティナが苦手なあまえるを覚えたポケモンに強い。ラスターカノンもきあいだまも等倍以上の相手にはHPの半分は削れることが多いため、フィニッシャーとしての役割が向いている。

アーマードミュウツーも幅広く活躍

アーマードミュウツーも等倍以上の相手にはかなりのダメージを与えられるサイコブレイクを主な技として戦う。このパーティは様々なポケモンに広く戦える3匹で構成されているため、何を使えば良いのか迷った時におすすめ。

トゲキッスを軸にしたパーティ

タイプ相性早見表
拡大する
タイプバランスチェッカーはこちら

トゲキッスを先頭にしたパーティ

ハイパーリーグで猛威を振るうギラティナに対して有利に戦えるトゲキッスを採用したパーティ。レジスチルのラスターカノンには注意しよう。

ラグラージは汎用性が高い

ラグラージは汎用性が高く、みず・くさ・ドラゴンタイプの相手以外に対しては等倍以上のダメージを与えられるハイドロカノンが強力。またレジスチルに対しても有利に戦えるのも魅力。

アーマードミュウツーは等倍同士に強い

アーマードミュウツーは耐久性能が高く、ゲージ技の種類も豊富なためゲージ技を読まれにくい。ゴースト技構成のギラティナやあくタイプの相手との相性は良くないが、等倍同士の場面などで大いに力を発揮するぞ。

レジスチルを軸にしたパーティ

レジスチルを軸にしたパーティ1

相性早見表
拡大する
タイプバランスチェッカーはこちら

レジスチルを先頭に配置したパーティ

ギラティナ、クレセリア、ハガネール、あまえるを覚えているポケモン、くさポケモンなどの相手に対して強く、重いゲージ技を早く使えるレジスチルを初手に出すパーティ。

ギラティナはレジスチルとの相性がいい

初手のレジスチルが不利なラグラージ、ニョロボン、ほのおタイプなどに有利に戦えるギラティナを2体目に配置。初手の不利な対面を返すことが主な役割。技は相手のシールドを剥がすために、ゲージを貯める速度の早いシャドークローを採用している。

メガニウムは汎用性が高い

3体目のメガニウムは幅広く戦えるポケモン。みずタイプにはもちろん、レジスチルに対して効果抜群のじしんや耐久力の高さが強みとなっている。

レジスチルを軸にしたパーティ2

拡大する
タイプバランスチェッカーはこちら

レジスチルを先頭にしたパーティ

初手にレジスチル。弱点を突かれるほのお、かくとう、じめんタイプには不利だが弱点を突かれなければほとんどポケモンに対応可能。タイプ相性を覚えてラスターカノンときあいだまどちらを打つか瞬時に判断できるかが重要

ピクシーはギラティナ対策

対ギラティナ対策がメイン。はがねタイプとどくタイプ以外には対等以上に戦うことができる。ゲージの貯まる速度が遅いためシールドを使うタイミングに注意。

ラグラージははがね対策

ピクシーの不利なはがね対策がメイン。ゲージ技のハイドロカノンとじしんの両方を今ひとつで受けられるポケモンが少なく、有利な状況を作りやすい。

ギャラドスを軸にしたパーティ

ギャラドスを軸にしたパーティ1

タイプ相性早見
拡大する
タイプバランスチェッカーはこちら

ゆふいんさんがランク10到達に使用

ゆふいんさんが3000を突破した際に使用していたパーティ。初手のギャラドスはメルメタルなどのはがねタイプとあまえるを覚えるフェアリータイプ以外には対等に戦える。

交代しても不利になりにくい

1体目のギャラドスを交代をしても不利になることが少なく、不利な相手が少ないギャラドスは交代することが少ないため立ち回りが安定する。

レジスチル・ラグラージは相性がいい

レジスチルとラグラージは相性補完が良い。初手のギャラドスで1体目を倒す・シールドを消費させられるため、残りの2匹で有利なポケモンを当てられる可能性が高く安定して戦える。

ギャラドスを軸にしたパーティ2

タイプ相性早見表
拡大する
タイプバランスチェッカーはこちら

ギャラドスを先頭にしたパーティ

ギラティナに対して有利に戦えるギャラドスを先頭に配置したパーティ。解放技はハイドロポンプを採用し、少ないエネルギーで発動できるかみくだと使い分けて発動しよう。

バクフーンはレジスチル対策

レジスチルなどのはがねタイプ対策としてバクフーンを採用。通常技はひのこではなく、ゲージを貯める効率のいいシャドークローを採用している。

メガニウムはじしんを覚える

メガニウムはみずタイプの対策以外に、じしんを覚えるため、でんきタイプやはがねタイプに対しても有利に戦える。バクフーンが倒されてた後でもレジスチルに対して攻めることができる。

ギャラドスを軸にしたパーティ3

相性早見表
拡大する
タイプバランスチェッカーはこちら

ギャラドスを先頭に配置したパーティ

通常技の中でも強力なりゅうのいぶきを覚えるギャラドスを先頭に配置したパーティ。ギャラドスは弱点がでんき・いわタイプのみとなっていて、シールドを使うタイミング次第で多くのポケモンに対して有利に戦える。

レジスチル・ギラティナを意識した構成

控えのポケモンは、ギラティナに対してはアローラベトベトン、レジスチルに対してはラグラージが対応できるため採用。ハイパーリーグでよく使用される伝説2匹に対して一方的にやられないように選出にしている。

ハガネールを軸にしたパーティ

タイプ相性早見表
拡大する
タイプバランスチェッカーはこちら

ハガネールを先頭にしたパーティ

ハイパーリーグで強力なギラティナに対して一方的に有利に戦えるハガネールを先頭にしたパーティ。技構成はギラティナの弱点をつけるドラゴンテール、かみくだくを採用しているぞ。

リザードンはレジスチル対策

ハイパーリーグの環境で使用されるレジスチルなどのはがねタイプに対して強く出れるリザードンを採用。はがねタイプのメルメタルはいわなだれを覚えるため、リザードンの弱点をつかれる可能性があるので注意しよう。

フシギバナはみずポケモン対策

ハイパーリーグで使われやすいニョロボン・ラグラージ・スイクン・カメックスなど水ポケモンの対策として有効だ。フシギバナは弱点がほのお・こおり・ひこう・エスパーの4つのため、れいとうビームなどのこおり技に特に気をつけよう。

ニョロボンを軸にしたパーティ

タイプ相性早見
拡大する
タイプバランスチェッカーはこちら

ニョロボンを先頭に配置したパーティ

初手のニョロボンはみずタイプだがゲージ技はこおりタイプとかくとうタイプの技を採用。環境に多いレジスチルにかくとう技、ギラティナにこおり技で効果抜群を取れる。

アローラベトベトンはギラティナ対策

ギラティナ対策がメイン。また、ニョロボンが苦手なフェアリータイプとくさタイプにも有利に戦える。そのためニョロボンと3匹目のジュカインとの相性の補完が良い。

ジュカインはみず対策

アローラベトベトンがラグラージやニョロボンなどのみずタイプに負けてしまうため、そのカバーする役割。また、アップデートによりタネマシンガンの上方修正が来たため、以前より早くゲージ技を打てるようになった。

シュバルゴを軸にしたパーティ

タイプバランスチェッカー
拡大する
タイプバランスチェッカーはこちら

シュバルゴを先頭に配置したパーティ

先日強化されたドリルライナー、クレセリアやアーマードミュウツーなどのエスパータイプの弱点をつけるメガホーンと優秀な技構成のポケモン。また、弱点がほのおタイプのみとなっている点も魅力だ。

2匹目にクレセリアを採用

2匹目のクレセリアもくさむすびの習得と、ムーンフォースの強化により、シーズン2から使用者が増えているポケモン。また、シュバルゴで出し負けた際の交代先として優秀。

ラグラージははがね対策

クレセリアが苦手なはがねタイプの対策として採用。高火力で必要なエネルギーの少ないハイドロカノンはもちろん、じしんも等倍以上で当てれば相手の半分以上のHPを削れる高火力技となっている。

ポケモンGOの他の攻略記事

開催中のイベント

イベント終了まで
ウィークリーチャレンジウィークリーチャレンジ(2週目)
GOバトルリーグGOバトルリーグ(シーズン2マスター&プレミア)
お店応援プログラム推薦期間
7月の大発見:ヨーギラス
サカキサカキ(シャドウエンテイ)
キュレムキュレム伝説レイド終了日未定
7kmタマゴ7kmタマゴの中身変化終了日未定
特別ボーナス特別なボーナス終了日未定

告知されているイベント

イベント開催まで
ウィークリーチャレンジウィークリーチャレンジ(3週目)
ゴースコミュニティデイゴースコミュニティデイ
GOバトルリーグGOバトルリーグ(シーズン2全リーグ&プレミア)
GOFEST2020ポケモンGOFEST2020(1日目)
GOFEST2020ポケモンGOFEST2020(2日目)

©Pokémon.
©Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶ポケモンGO公式サイト

攻略記事ランキング
  1. サカキのスイクン対策!7月のタスク内容について
    サカキのスイクン対策!7月のタスク内容について
    1
  2. シエラの対策ポケモンとバトルに勝つコツ
    シエラの対策ポケモンとバトルに勝つコツ
    2
  3. クリフの対策ポケモンとバトルに勝つコツ
    クリフの対策ポケモンとバトルに勝つコツ
    3
  4. アルロの対策ポケモンとバトルに勝つコツ
    アルロの対策ポケモンとバトルに勝つコツ
    4
  5. タイプ相性表と倍率早見表
    タイプ相性表と倍率早見表
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
ポケモン関連の攻略サイト
便利ツール・個体値チェッカー
ポケモンGO最新情報
イベント
リアルイベント
ARコンテスト
GOバトルリーグ
対戦関連
ゆふいんさん関連記事
GOロケット団
リーダー/ボス関連
したっぱ関連
機能解説
ポケモンGO一覧記事
ポケモンリサーチ
フレンド・トレード関連
伝説まとめ
レイドバトル・ジム戦攻略
レイドバトル
EXレイド
ジム戦
第2回GameWith杯
ポケモンGOのランキング記事
ポケモンGOの裏技・小ネタ
ポケモンGO初心者向け記事
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中