ポケモンGO
ポケモンGO攻略|ポケGO速報まとめサイト
プレミアカップ(CP2500以下)おすすめパーティの技構成
ポケモンGO攻略班

ポケモンGO プレミアカップ(CP2500以下)おすすめパーティの技構成

みんなの最新コメントを読む
最終更新 :
プレミアカップ(CP2500以下)おすすめパーティの技構成

ポケモンGOのプレミアカップ(CP2500以下)のおすすめパーティの技構成やおすすめの立ち回り・使い方についてまとめています。おすすめパーティを随時更新していますので、プレミアカップ(CP2500以下)のパーティ作成の参考にしてください。

内容

プレミアカップおすすめパーティ一覧

プレミアカップ(CP2500以下)とは

CP制限有りプレミアカップ

伝説・幻無し&CP2500以下制限ルール

CP制限2500以下
伝説・幻ポケモン使用不可

シーズン3から伝説・幻ポケモンが使用禁止でCP2500以下のポケモンのみ参加可能なプレミアカップが登場。ハイパーリーグで環境トップのギラティナやアーマードミュウツーなどが使用できないルールとなっている。

GOバトルリーグシーズン3の詳細はこちら

CP制限なしのプレミアカップもある

CP制限なし
伝説・幻ポケモン使用不可

シーズン2から伝説・幻ポケモンを使用禁止のCP制限がないプレミアカップが開催されている。マスターリーグでも猛威を奮っているギラティナやディアルガ、メルメタルを使用することができない制限付きのルールだ。

プレミアカップ(CP制限なし)の評価一覧

非伝説ポケモンが活躍できる

プレミアカップ(CP2500以下)ではマスターリーグでは活躍がしにくかった非伝説ポケモンも活躍できる。様々なポケモンを考察してパーティを構築してみよう!

プレミアカップ(CP2500以下)の評価一覧

ゲンガー軸

監修:マシュマロさん

更新日:2021年4月26日

(※)がついた技はレガシー技となります。

ゲンガー軸のタイプバランスチェッカー
タイプバランスチェッカーはこちら

1匹目は苦手なポケモンが少ないゲンガー

苦手なポケモンが少なく、多くのポケモンと対等以上に戦える点が優秀。耐久は低いためシールドを使用しながら立ち回ることを意識しよう。

不利な相手にはキングドラに交代

みず・ドラゴンの複合タイプが優秀で、弱点が少ない。また、わざも優秀で苦手な相手に対してもオクタンほうの追加効果であるこうげき2段階ダウンを引ければ、逆転できる場面もあるため交代先として非常に優秀だ。

ゲンガーの弱点対策でエンペルト

環境に多いファイアローやアローラキュウコンに対して明確に強い点が優秀。また、苦手なくさタイプやかくとうタイプとの対面でもドリルくちばしで弱点を突くことができる。

エンペルト軸

エンペルト軸

監修:マシュマロさん

更新日:2020年12月14日

(※)がついた技はレガシー技となります。

エンペルト軸2のタイプチェッカー
タイプバランスチェッカーはこちら

1匹目にはカイリュー

シュバルゴとタイプ相性の良いカイリューを採用。フェアリーやこおりタイプ以外に強いのが特長。ただしハイパーリーグだと耐久がないのがネック。ぼうふうでフェアリータイプにも攻撃は通るが、ゲージは溜まりにくいので注意。

エンペルトはフェアリータイプ対策

2匹目にはエンペルトははがねタイプのためフェアリーやエスパータイプに強く出られるのが強み。また、苦手なくさタイプやかくとうタイプに対してもドリルくちばしで弱点を突く事ができる。

他2匹の弱点をカバーできるシュバルゴ

シュバルゴは耐性が優秀な上にカウンターが使えるため、エンペルトとカイリューが苦手とするラプラスに対して有利な点がポイント。メガホーンを持つことでブラッキーの弱点を突くことが出来る。

エンペルト軸2

監修:マシュマロさん

掲載日:2021年1月25日

(※)がついた技はレガシー技となります。

エンペルト軸のタイプバランスチェッカー
タイプバランスチェッカーはこちら

1匹目にはエンペルト

初手にはみず・はがねタイプのエンペルトを採用。控えにドラゴンタイプを2匹採用した構築。非常に有利な対面以外は控えのポケモンに交代し、それに対して出されたフェアリータイプやこおりタイプを起点にして後続に繋ぐ役割を果たす。

不利な相手にはキングドラに交代

キングドラは不利なポケモンを繰り出されてもオクタンほうの効果ダウンによって互角に戦えるポケモン。基本は、オクタンほうで弱体化させたポケモンをエンペルトで起点にする流れで立ち回る。

ラストにはカイリュー

カイリューは2匹目のドラゴンタイプとして採用。火力が非常に高くフィニッシャーとしての役割を果たせるが、耐久は低いためシールドを最低1枚は残しておきたい。

フシギバナ軸

監修:ゆふいんさん

掲載日:2020年9月29日

(※)がついた技はレガシー技となります。

タイプ相性
タイプバランスチェッカーはこちら

1匹目はフシギバナ

ハードプラントが強力で等倍以上であれば十分なダメージを与えることができる。どくタイプを持つためヘドロばくだんを打つことでフェアリータイプへの対応も可能。苦手なほのおやエスパー、ひこうが出てきた場合はカビゴンに交代する。

引き先として優秀なカビゴン

フシギバナが不利なポケモンと対面した場合に有効なカビゴンを採用。耐久が高く、のしかかりも威力と回転率共に優秀。ばかぢからを覚えさせているが自身の攻撃、防御が落ちてしまうため使用するタイミングに注意。

3匹目にはデンリュウを採用

基本的にはカビゴンを出し負けた際に出すため、デンリュウもしくはフシギバナがフィニッシャーとなる。ボルトチェンジは威力が高く、ゲージの溜まりも早い。フシギバナに強いリザードンに対してもでんき技が効果抜群で入るため、相性補完がいい組み合わせとなっている。

トゲキッス軸

(※)がついた技はレガシー技となります。

タイプ相性
タイプバランスチェッカーはこちら

タチフサグマ+ゲンガーの並びがメイン

耐久力がありフェアリータイプやかくとうタイプ以外と対等以上に戦うことができる「タチフサグマ」、タチフサグマの苦手なところを補いシャドーボールで大逆転を狙える「ゲンガー」の並びがメインのパーティ。この2匹が苦手な部分を補えるトゲキッスを先頭に配置している。

トゲキッスで2匹が苦手なポケモンを倒す

ゲンガー、タチフサグマで苦手なポケモンである、カイリキーやエルレイドなどといったポケモンを倒すのがポイント。特に初手で相手がこれらを出してきて交代した場合は、こちらもすぐに交換して相手に合わせたポケモンを出そう。

苦手なポケモンがきたらタチフサグマへ

フシギバナやリザードンといったポケモンが相手の初手だった場合はタチフサグマに交代するのがおすすめ。ゲンガーに交代してしまうと、相手のパーティにカビゴンがいた場合一方的にダメージを与えられ不利になるので注意が必要。

シールドはゲンガーに

ゲンガーは非常に打たれ弱いが、最後にシャドーボールを使って等倍以上のダメージを与えれば大逆転を狙うこともできるポケモン。不利な時こそゲンガーにシールドを1枚以上の残しシャドーボールで逆転を狙うなどしてみよう。

カイリュー軸

監修:ゆふいんさん

掲載日:2020年9月29日

(※)がついた技はレガシー技となります。

タイプ相性
タイプバランスチェッカーはこちら

初手にはカイリューを採用

通常技の中でも特に優秀なりゅうのいぶきを覚えるカイリューを初手に採用。フェアリータイプやこおりタイプ以外であれば対等以上に戦うことができる。対面を取れる場合はシールドを使用し対面を取る戦法が有効なポケモン。

出し負けた際はデンリュウに交代

カイリューが初手で出し負けてしまった場合はデンリュウが引き先となることが多い。フェアリータイプに出し負けてデンリュウに交代した場合は、圧倒的に不利なポケモンが来ない場合はシールドを使い対面を取り返すことを狙おう。

エルレイドがフィニッシャー

このパーティのフィニッシャーはエルレイド。くさとかくとう技を使用することができ、通常技のねんりきを含めて技範囲が広い。耐久力が高いわけではないため、ねんりきで相手を起点にすることができれば、フィニッシャーとしてより大きな仕事をすることができる。

ラグラージ軸

監修:マシュマロさん

更新日:2020年12月14日

(※)がついた技はレガシー技となります。

ラグラージ編成のタイプバランスチェッカー
タイプバランスチェッカーはこちら

1匹目にラグラージ

ラグラージは威力が高いハイドロカノンを短時間で打てる点が非常に強い。くさタイプは二重弱点となるため、しっかりと控えの2匹で相性を補完する構築。

交代先にリザードン

出し負けをした際にはりゅうのいぶき型のリザードンに交代して対応する。ラグラージが苦手なくさタイプだけでなく、ドラゴンタイプや自身が苦手なみずタイプとも渡り合える。

ラグラージと相性の良いシュバルゴ

弱点がほのおタイプしかない点や、かくとうタイプではないのに通常技でカウンターを覚える点が非常に優秀。ゲージ技にメガホーンではなくつばめがえしを採用することで対応できるポケモンが増えて強力。

タチフサグマ軸

監修:ゆふいんさん

更新日:2021年5月1日

(※)がついた技はレガシー技となります。

タチフサグマ軸のタイプバランスチェッカー
タイプバランスチェッカーはこちら

1匹目にタチフサグマ

あくタイプでありながらかくとう技を打つことができる点が優秀。今シーズンより環境入りしたブラッキーやガラルマッギョに有効なため今後も活躍が期待される。

2匹目にリザードン

控えには、タチフサグマの二重弱点のかくとうタイプに耐性を持つ2匹を採用。リザードンの通常技をエアスラッシュにすることで、かくとうタイプの弱点を突ける他、ほのおのうずを採用しているリザードンにも優位に立てる。

3匹目にフシギバナ

控えのリザードンとフシギバナは2匹とも非常に強力なゲージ技を持ち、どちらもフィニッシャーとして試合を決める性能を持つ。フシギバナは「ハードプラント」の威力が高いだけでなく、耐久高いため非常に優秀なポケモン。

【PL50】デンチュラ軸

監修:マシュマロさん

掲載日:2021年1月25日

(※)がついた技はレガシー技となります。

デンチュラ軸のタイプバランスチェッカー
タイプバランスチェッカーはこちら

【注意】アメXLを使った強化が必要

デンチュラとエアームドは、アメXLを使ったPL40以降の強化が前提のポケモン。パーティの作成ハードルは高いが、非常に強力なポケモンたちとなっている。

1匹目にはラグラージ

みず・じめんの複合タイプでみずタイプながらでんきタイプに強い点が非常に優秀。また高火力のハイドロカノンを高回転で打てる点も魅力的だ。

交代先にはデンチュラ

デンチュラはでんき技がいまひとつにならない相手にはほうでん、それ以外のポケモンにはとびかかるで弱体化させながら戦う。デンチュラに対して明確に強いポケモンは少なく、交代先として非常に優秀。

3匹目にはエアームドを採用

エアームドはひこう・はがねの複合タイプの組み合わせが非常に優秀で、特にくさタイプのポケモンに強い。また、ラグラージとの相性補完が抜群。

【PL50】デンチュラ軸2

監修:マシュマロさん

掲載日:2021年5月1日

(※)がついた技はレガシー技となります。

デンチュラ軸2のタイプバランスチェッカー
タイプバランスチェッカーはこちら

【注意】アメXLを使った強化が必要

デンチュラは、アメXLを使ったPL40以降の強化が前提のポケモン。パーティの作成ハードルは高いが、非常に強力なポケモンたちとなっている。

1匹目にはデンチュラ

でんき・むしの複合タイプが優秀で、苦手な相手にもゲージ技のとびかかるで弱体化させながら検討できる。デンチュラはシールドを2枚張り合えば勝てる相手が多く、控えのポケモンをフィニッシャーとして使う。

交代先にはキングドラ

だし負けからの交代先にはキングドラを採用。初手のデンチュラが苦手ないわタイプやほのおタイプを意識して選出。苦手な相手と対面してもオクタンほうのデバフを引くことができれば、勝てる場合もある。

ラストにはラグラージ

みず・じめんの複合タイプでみずタイプながらでんきタイプに強い点が非常に優秀。このパーティではフィニッシャーの役割を果たす。くさタイプには滅法弱いが、交代先のキングドラで誘い出せる場合も多い。

【PL50】ユキノオー軸

監修:マシュマロさん

掲載日:2021年1月25日

ユキノオー軸のタイプバランスチェッカー
タイプバランスチェッカーはこちら

【注意】アメXLを使った強化が必要

ユキノオー、デンチュラ、アローラライチュウは、アメXLを使ったPL40以降の強化が前提のポケモン。パーティの作成ハードルは高いが、非常に強力なポケモンたちとなっている。

1匹目にはユキノオー

ユキノオーは通常技の「こなゆき」とゲージ技の「エナジーボール」の組み合わせによって素早くゲージ技を繰り出せる点が非常に優秀。しかし、こおりとくさの複合タイプを持ち、弱点が多いため注意が必要。

交代先にはデンチュラを採用

デンチュラはタイプが優秀で明確な弱点が少ない。不利な相手に対してもとびかかるで相手を弱体化させながら、ユキノオーで起点にできる。このパーティはギミックパーティのため、基本はデンチュラに交代して相手の控えのでんきタイプに強いポケモンを誘う動きを取る。

フィニッシャーのアローラライチュウ

3匹目にはもう1匹のでんきタイプとしてアローラライチュウを採用。アローラライチュウが苦手なポケモンをデンチュラで誘い出し、倒した後にはフィニッシャーとして活躍。ワイルドボルトの火力が非常に高く強力。

【PL50】ユキノオー軸2

監修:ゆふいんさん

掲載日:2021年5月1日

(※)がついた技はレガシー技となります。

ユキノオー軸2のタイプバランスチェッカー
タイプバランスチェッカーはこちら

【注意】アメXLを使った強化が必要

ユキノオー、ニョロトノは、アメXLを使ったPL40以降の強化が前提のポケモン。パーティの作成ハードルは高いが、非常に強力なポケモンたちとなっている。

1匹目にはユキノオー

ユキノオーは通常技の「こなゆき」とゲージ技の「ウェザーボール」の組み合わせによって素早くゲージ技を繰り出せる点が非常に優秀。弱点は多いが、幅広いポケモンに対して役割を持てる。

交代先にはキングドラを採用

2体目にはキングドラを採用。通常技で威力の高いりゅうのいぶきと、50%の確率で相手の攻撃を2段階下げるゲージ技のオクタンほうが優秀で、主に交代先として活躍。

フィニッシャーのニョロトノ

3匹目にはニョロトノを採用。ウェザーボールを素早く撃つ事が出来るため、主にフィニッシャーとして活躍する。初手のユキノオーを見た後、交代先のキングドラに対してくさタイプをだしてくる相手も多く、ラストのニョロトノが動きやすい場面が多い。

【PL50】ガラルマッギョ軸

監修:マシュマロさん

掲載日:2021年4月26日

ガラルマッギョ軸のタイプバランスチェッカー
タイプバランスチェッカーはこちら

【注意】アメXLを使った強化が必要

アローラキュウコン、ガラルマッギョとブルンゲルは、アメXLを使ったPL40以降の強化が前提のポケモン。パーティの作成ハードルは高いが、非常に強力なポケモンたちとなっている。

1匹目には対応力の高いアローラキュウコン

初手にはウェザーボールが強力なアローラキュウコンを採用。明確に苦手なポケモンが少なくどんな相手とも対等以上に戦える点が優秀だ。控えにはアローラキュウコンが苦手なほのおタイプやはがねタイプに強いポケモンを2体採用した構築。

2匹目はガラルマッギョを採用

交代先はガラルマッギョを採用。ガラルマッギョは「いわなだれ」と「じしん」がカバーできる範囲や、じめん・はがねの複合タイプが非常に優秀。明確に追われてもシールド等なにかしらのアドバンテージを取れる場合が多い。

相性補完にブルンゲル

3体目にはアローラキュウコンとの相性補完が優れているブルンゲルを採用。耐久が非常に高く、通りの良いゴーストタイプの大技「シャドーボール」が強力だ。

【PL50】ナットレイ軸

監修:マシュマロさん

更新日:2021年4月26日

(※)がついた技はレガシー技となります。

ナットレイ編成のタイプバランスチェッカー
タイプバランスチェッカーはこちら

【注意】アメXLを使った強化が必要

デンチュラとナットレイは、アメXLを使ったPL40以降の強化が前提のポケモン。パーティの作成ハードルは高いが、非常に強力なポケモンたちとなっている。

1匹目にデンチュラ

1匹目にはデンチュラを採用。ゲージ技のとびかかるで相手を弱体化しながら戦うことで、不利な相手にも善戦できる。デンチュラの苦手なじめんやいわタイプに強いポケモンを裏に2体採用した構築。

交代先にはカイリキー

高火力な点とわざ範囲が優秀で、明確に苦手なエスパーやフェアリー以外には対等以上に戦うことができるため交代先として非常に優秀。耐久は低いため、シールドを使用しながら立ち回ることを意識しよう。カイリキーはシャドウでなくても十分活躍できる。

相性補完のナットレイ

くさ・はがねの複合タイプが優秀で、みずタイプには圧倒的に強く出ることができる上に、くさタイプながらこおりタイプのわざを等倍で受けることができる。しかし、ほのおタイプには滅法弱いため、注意しながら立ち回るようにしよう。

【PL50】バルジーナ軸

監修:ゆふいんさん

掲載日:2021年5月1日

(※)がついた技はレガシー技となります。

バルジーナ軸のタイプバランスチェッカー
タイプバランスチェッカーはこちら

【注意】アメXLを使った強化が必要

バルジーナは、アメXLを使ったPL40以降の強化が前提のポケモン。パーティの作成ハードルは高いが、非常に強力なポケモンたちとなっている。

1匹目にはシャドウカビゴン

多くのポケモンと対等以上に戦え、初手に置くことでばかぢからのマイナス効果をリセットすることもできるため優秀。もともとの耐久が非常に高いため、シャドウにすることにより火力も兼ね備える事ができる。

2匹目にはリザードン

火力が高く、苦手な相手相手にもブラストバーンで大ダメージを狙うことができる。初手のカビゴンが苦手な格闘タイプを意識して、通常技にはつばさでうつを採用。

3匹目にはバルジーナ

バルジーナはとにかく耐久が高く、3匹目に置いておくと厄介なポケモン。カビゴンと相性補完が取れている点も高評価だ。

【PL50】ドクロッグ軸

監修:マシュマロさん

更新日:2020年12月14日

(※)がついた技はレガシー技となります。

ブラッキー編成のタイプバランスチェッカー
タイプバランスチェッカーはこちら

ブラッキーはPL50前提

ブラッキーは、アメXLを使ったPL50までの強化が前提のポケモン。パーティの作成ハードルは高いが、非常に強力なポケモンとなっている。

1匹目にドクロッグ

ドクロッグは技の威力が高い上に、かくとうとどくの複合タイプで幅広く対応できる点が優秀。ドクロッグが苦手なエスパータイプやじめんタイプは控えの2匹で対応する。

交代先にカビゴン

出し負けには基本カビゴンに交代。カビゴンで相手のかくとうタイプを誘い、ドクロッグを起点にして、控えのブラッキーを活かすというコンセプトになっている。カビゴンはシャドウでなくても十分活躍できる。

フィニッシャーにブラッキー

3匹目にはPL50で大幅に強化されたブラッキーを採用。耐久力が高い点と技を素早く打てる点が優秀。ドクロッグとカビゴンでかくとうやフェアリータイプを倒せれば、ブラッキーが活躍しやすい。

ポケモンGOの他の攻略記事

トップに戻る

開催中のイベント

イベント終了まで
1ポケコイン1ポケコインボックス(9月2週目)
GOバトルリーグGOバトルリーグ
(ハイパーリーグ&ハイパーリーグリミックス)
ユクシーユクシー伝説レイド
大発見9月の大発見:メタモン
特別ボーナス特別なボーナス
いたずらなシーズンいたずらなシーズン

告知されているイベント

イベント開催まで
ミジュマルコミュニティデイミジュマルコミュニティデイ
ファッションウィークファッションウィークイベント
ヨマワルヨマワルコミュニティデイ
リバルールリバプールのサファリゾーン
フィディエラるフィラデルフィアのサファリゾーン
アメリカセントルイスのサファリゾーン
この記事を書いた人

©Pokémon.
©Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶ポケモンGO公式サイト

攻略記事ランキング
  1. GOバトルデイが開催!期間やボーナスについて
    GOバトルデイが開催!期間やボーナスについて
    1
  2. 9月のコミュニティデイはミジュマル!特別な技と開催時間
    9月のコミュニティデイはミジュマル!特別な技と開催時間
    2
  3. レイドバトル招待ツール
    レイドバトル招待ツール
    3
  4. イベント最新情報まとめ!期間や次回の内容
    イベント最新情報まとめ!期間や次回の内容
    4
  5. ユクシー対策!おすすめレイド攻略ポケモンと出現期間
    ユクシー対策!おすすめレイド攻略ポケモンと出現期間
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


ゲームを仕事に!
攻略メニュー
ポケモン関連の攻略サイト
便利ツール・個体値チェッカー
ポケモンGO最新情報
イベント
シーズン
対戦関連
GOバトルリーグ
リーグ別評価一覧
リーグ別おすすめパーティ
ゆふいんさん関連記事
GOロケット団
リーダー/ボス関連
したっぱ関連
機能解説
ポケモンGO一覧記事
世代別
タマゴ距離別
ポケモンリサーチ
フレンド・トレード関連
レイドバトル・ジム戦攻略
レイドバトル
伝説レイド
メガレイド
EXレイド
ジム戦
ポケモンGOのランキング記事
ポケモンGOの裏技・小ネタ
ポケモンGO初心者向け記事
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
×