ポケモンGO
ポケモンGO攻略|ポケGO速報まとめサイト
スーパーリーグのおすすめパーティの技構成や使い方

ポケモンGO スーパーリーグのおすすめパーティの技構成や使い方

最終更新 : ポケモンGO攻略班
スーパーリーグのおすすめパーティの技構成や使い方

ポケモンGOのスーパーリーグのおすすめパーティの技構成やおすすめの立ち回り・使い方についてまとめています。おすすめパーティを随時更新していますので、スーパーリーグのパーティを作る際の参考にしてください。

おすすめ最強パーティ一覧

チルタリスを軸にしたパーティ

チルタリスを軸にしたパーティ1

(※)はレガシー技のため、現在覚える事ができません。

弱点早見表
拡大する
タイプバランスチェッカーはこちら

チルタリスを軸としたパーティ

通常技で強力なりゅうのいぶきを覚えて、耐久力も優れているチルタリスを軸にしたパーティ。チルタリスの弱点であるこおり・ドラゴン・フェアリーに対して耐性を持っているレジスチルを採用。レジスチルの弱点もチルタリスで補う事ができるため2匹の相性がいい。

等倍で通りやすいラグラージを採用

ラグラージは技構成が強力で、みずタイプの技であるハイドロカノンはみず・くさ・ドラゴンタイプの相手以外に対しては等倍以上のダメージを与えられる。また、唯一の弱点であるくさ技はチルタリスとレジスチルでカバーできるのも魅力だ。

レジスチルを軸にしたパーティ

レジスチルを軸にしたパーティ1

監修:ゆふいんさん

掲載日:2020年3月9日

タイプ相性早見表
拡大する
タイプバランスチェッカーはこちら

環境トップクラスの3匹を採用

スーパーリーグ環境トップクラスの3匹を採用したパーティ。1体目のレジスチルは、苦手なポケモンに対してもゲージ技のダメージが高く一方的にやられることが少ない。

控えのマリルリを活かす

マリルリはスーパーリーグでよく使用されるレジスチル・チルタリスに対して強い。マリルリの弱点であるどく、くさ、でんきタイプの相手をチルタリスとレジスチルで対処し、耐久力の高いマリルリを不利な相手と戦わせないようにしよう。

メガニウムを軸にしたパーティ

監修:ゆふいんさん

掲載日:2020年3月19日

(※)はレガシー技のため、現在覚える事ができません。

タイプ相性早見
拡大する
タイプバランスチェッカーはこちら

メガニウムを採用したパーティ

みずタイプの相手はもちろん、技開放でじしんを覚えさせることでレジスチルなどのはがねタイプの対策ができる。耐久力も高く使いやすいポケモンとなっているぞ。

デオキシスは交代先として活躍

いわなだれや10まんボルトなど汎用性の高い技を覚える。また、防御が高く安定して戦えるため不利な相手のとき交代先として活躍する。

マリルリはチルタリス対策

メガニウムとデオキシスでは環境に多いチルタリスに勝てない場合があるのでマリルリを採用。マリルリはくさタイプが弱点だがデオキシスのいわなだれやマリルリのれいとうビームでカバーしよう。

マリルリを軸にしたパーティ

マリルリを軸にしたパーティ1

監修:マシュマロさん

掲載日:2020年9月7日

※1・・・おんがえしはリトレーンしたポケモンが覚える技になります。

タイプバランスチェッカー
拡大する
タイプバランスチェッカーはこちら

1匹目はマリルリを採用

初手にマリルリを置くことで、環境に多いチルタリスやレジスチル、ブラッキーを対策。控えがマリルリやチルタリスに弱いため、技はれいとうビームとじゃれつくを採用。

ヤミラミはリトレーンして採用

だし負けの場合はヤミラミに交代して対応。相手はチルタリスやマリルリに交代してくることが多い。おんがえしを採用することでシールドを多く消費させる・対面のどちらかを取ることができる。

アローラガラガラを3匹目に採用

3体目にはアローラガラガラを採用。ヤミラミでマリルリやチルタリスを釣れればラストのアローラガラガラが活きる可能性が高い。

ユキノオーを軸にしたパーティ

監修:マシュマロさん

掲載日:2020年9月7日

タイプバランスチェッカー
拡大する

ユキノオーは1匹目に採用

ユキノオーは弱点が7タイプあり、耐久力も高くはないため1匹目に置きシールドを使う立ち回りがおすすめ。初手に多いマリルリやチルタリスに強い点も魅力となっている。

その他2匹の採用理由

だし負けからの交代先はデオキシスを採用。ユキノオーは弱点が多いため幅広く対応できるデオキシスは相性が良い。環境にレジスチルが減っているため、ナマズンではなくマリルリを採用。初手のユキノオーで厳しい格闘や炎、エアームド等に強く出ることができる。

シャドウポケモンについて

ユキノオーは耐久力が高くないためシャドウポケモンもおすすめだ。火力が上がり対面が有利になる機会が増える。弱点が多く、シャドウにすることにより耐久力がさらに落ちるため、弱点をしっかりと覚えて、交代をスムーズに行うことが大切。

エアームドを軸にしたパーティ

監修:マシュマロさん

掲載日:2020年9月7日

タイプバランスチェッカー
拡大する

エアームドを1匹目に採用

ブレイブバードは高火力な技だが、発動することで防御が3段階も下がってしまう。1匹目に採用することで、不利な初手対面でブレイブバードを使って交代ができる。控えにはエアームドが苦手なトリデプスや岩タイプに強いポケモンを2体採用。

不利な相手は即交代

技が通常技・ゲージ技含めてひこう統一なので、いわタイプやはがねタイプとの対面は積極的に交代して避けよう。

マリルリは単体性能が高い

出し負けには基本マリルリに交代。技範囲の広さからどんなポケモンとも戦えるのが強み。くさタイプに交代された場合でもエアームドで巻き返すことができる。

ガラルマッギョは相性補完

3体目にはエアームドと相性補完の良いガラルマッギョを採用。耐久が非常に高く、通常技で抜群を取られるデオキシスとも互角以上に戦える。

フワライドを軸にしたパーティ

監修:マシュマロさん

掲載日:2020年9月7日

タイプバランスチェッカー
拡大する

1匹目にフワライドを採用

フワライドはゲージ技でこごえるかぜを覚えるため、若干不利な相手に対しても相手の攻撃力を下げて応戦できる。また、通常技のたたりめのゲージを貯める量が増加したため、こごえるかぜとシャドーボールの発動が早まった。

ヤルキモノは出し負けの交代先

だし負けの交代先にヤルキモノを採用。ノーマルタイプながらかくとう技を繰り出すことができルため、フワライドで厳しいゴーストやあくタイプに対して強く出ることができる。

メルメタルを3匹目に採用

ラスト1体にはメルメタルを採用。フワライド、ヤルキモノの2匹ではマリルリやエアームドがきついため、それらに強くでることができる。

エモンガを軸にしたパーティ

監修:マシュマロさん

掲載日:2020年9月20日

タイプバランスチェッカー
拡大する

1匹目にエモンガを採用

エモンガを1匹目に採用。でんき・ひこうタイプのため、くさタイプにも有利なでんきタイプとして非常に優秀。また、環境に多いマリルリやエアームド、メガニウム等多くのポケモンに出し勝てるのも魅力だ。

デオキシスは出し負けの交代先

だし負けからの交代先としてデオキシスを採用。通常技・ゲージ技ともにも優秀なうえ、技範囲の広さから対応できるポケモンが多い。ゴーストやヤミラミ等、圧倒的不利なポケモン以外は大きく活躍が期待できる。

ガラルマッギョを3匹目に採用

ラスト1体にはガラルマッギョを採用。エモンガとの相性がよくお互いの弱点を補うことができる。また、耐久力が高く技構成も優秀なポケモンとなっている。

環境に合わせて先頭を変更可能

トリデプスなどが先頭で使ってくる環境になった場合、ガラルマッギョを先頭にしても問題はない。環境に合わせて1匹目をエモンガにするかガラルマッギョにするかを変更してみよう。

ガラルマッギョを軸にしたパーティ

監修:マシュマロさん

掲載日:2020年9月7日

タイプバランスチェッカー
拡大する

1匹目にガラルマッギョを採用

初手には耐久が高く、技範囲の広いガラルマッギョを採用。かくとうやじめんタイプとの相性が悪いため、控えにはそれらに強い2体を選出している。

デオキシスは出し負けの交代先

だし負けからの交代先としてデオキシスを採用。通常技・ゲージ技ともにも優秀なうえ、技範囲の広さから対応できるポケモンが多い。じめんタイプやゴーストに打点を持てるよう、サイコブーストを採用。

ウツボットを3匹目に採用

3体目にはガラルマッギョで厳しい、かくとうタイプやくさタイプ、みずタイプに強く出ることのできるトロピウスを採用。通常技はエアスラッシュを採用しているため、くさタイプに対応できるくさポケモンとなっている。

ドクロッグを軸にしたパーティ

監修:マシュマロさん

掲載日:2020年9月7日

タイプバランスチェッカー
拡大する

1匹目にドクロッグを採用

初手には高火力なかくとうタイプのドクロッグを採用。かくとうタイプながらどく技も使うことができるので、マリルリに対しても有利に戦える。

スリーパーは出し負けの交代先

だし負けからの交代先にはスリーパーを採用。パーティ全体的にマリルリやチルタリスが苦手なので、それらに打点を持てるよう、かみなりパンチとれいとうパンチを採用。

ブラッキーを3匹目に採用

ドクロッグスリーパーの2匹では少し厳しいデオキシスやヤミラミに強いブラッキーを採用。レジスチルが弱体化され環境に少ないため、以前よりも活躍できる場面が増えた。

ゴーストを軸にしたパーティ

監修:マシュマロさん

掲載日:2020年9月7日

タイプバランスチェッカー
拡大する

高火力のゴーストを軸にしたパーティ

低耐久高火力なゴーストを軸にしたパーティ。シールドはゴーストに回すことを意識。シールド差をつけることができていれば、高火力なシャドーボールを当てられるため、一気に優勢になる場合もある。

1匹目はレジスチルを採用

1匹目には弱体化されながらも万能なレジスチルを採用。対面よりもシールドの数で優位を取る立ち回りで、ゴーストに有利な状況を作る。

ブラッキーを3匹目に採用

3体目には高耐久なマリルリを採用。基本的にゴーストを使った構築は、他の2匹を高耐久なポケモンにすることがおすすめ。また、マリルリはレジスチルとの相性補完も良い点も魅力だ。

デンチュラを軸にしたパーティ

監修:マシュマロさん

掲載日:2020年9月17日

(※)はレガシー技のため、現在覚える事ができません。

タイプバランスチェッカー
拡大する
タイプバランスチェッカーはこちら

デンチュラを軸としたパーティ

はとびかかるを新たに覚えたデンチュラを採用。環境に多いマリルリやエアームド、レジスチル等に強い。デンチュラで厳しいガラルマッギョ、トリデプス、チルタリスに対して強いポケモンを控えに採用する。

出し負けた場合はブラッキーに交代

相手の控えに採用されやすいデオキシスやヤミラミ、スリーパーに強く、相手の判断を鈍らせる。また、ブラッキーでマリルリやかくとうタイプを引き出せれば、そのポケモンをデンチュラで巻き返す動きができる。

マリルリはデンチュラと相性がいい

デンチュラとの相性補完がよく、ブラッキーで対面を取れれば簡単に逆転できる場面も多くなる。また、マリルリの技には、他の2体では少し戦いにくいガラルマッギョやトリデプスに強くでられるハイドロポンプを採用。

ズルズキンを軸にしたパーティ

監修:マシュマロさん

掲載日:2020年9月17日

タイプバランスチェッカー
拡大する
タイプバランスチェッカーはこちら

アローラガラガラを1匹目に採用

初手にはエアームドやはがねタイプ、ユキノオー等に出し勝てるアローラガラガラを採用。このパーティのコンセプトは、控えのゴンベでかくとうやエアームドーに交代させ、アローラガラガラで巻き返していく流れ。

出し負けた場合はゴンベに交代

ゴンベは耐久が高く、幅広い相手と戦える。また、したでなめる+のしかかりの速さから、エアームドにも互角に戦える。初手のアローラガラガラを相手が確認すると、ゴンベに対してエアームドを交代してくるパターンが多い。

ズルズキンを3匹目に採用

ゴンベに対して相手がかくとうタイプに交代すれば、ラストのズルズキンが活躍する。また、シールドありきではあるが、グロウパンチの攻撃アップでひこうタイプも突破可能。

ミュウを軸にしたパーティ

監修:ゆふいんさん

掲載日:2020年9月17日

タイプバランスチェッカー
拡大する
タイプバランスチェッカーはこちら

ミュウを採用したパーティ

ニトロチャージは打つことで自身の攻撃力を上昇させることが可能。もう1つのゲージ技は威力が強力かつエネルギー50以下のワイルドボルトを採用。100までゲージを貯めたあと、ニトロチャージ・ワイルドボルトの順に技を連続で打つことが可能だ。

エアームドはくさ・じめん対策

エアームドはくさタイプ対策がメイン。基本はゴッドバードで相手のHPを削るが、シールドがない場面やシールドを貼ってこないと予測ができた場合はブレイブバードを打とう。

マリルリはあく対策

マリルリはミュウが苦手とするあくタイプのブラッキーやヤミラミ対策がメイン。また、ガラルマッギョ対策としてれいとうビームを採用している。

トリデプスを軸にしたパーティ

トリデプスを軸にしたパーティ1

監修:ゆふいんさん

掲載日:2020年9月17日

タイプバランスチェッカー
拡大する
タイプバランスチェッカーはこちら

トリデプスを採用したパーティ

1匹目にトリデプスを置き、控えにくさタイプ2匹を置くギミックパーティ。出し負けたらウツボットに交代し、ひこうタイプなどのくさタイプに強いポケモンを呼び、トリデプスで倒したあとチェリムで残りを倒す動きが基本となる。

ウツボットを2匹目に採用

出し負けでなかった場合も、HPが大きく減る場合は相手の裏にひこうタイプがいることを考慮して、ウツボットに交代する動きが大事。また、ウツボットは火力の高いシャドウポケモンがおすすめ。

3匹目はくさタイプを採用

人によってダーテング、メガニウム、ウツドン、ハヤシガメなど使い分けているが、今回はチェリムを採用。チェリムは少ないエネルギーでほのおタイプのウェザーボールを打てることが大きな理由。

トリデプスを軸にしたパーティ2

監修:マシュマロさん

掲載日:2020年10月13日

タイプバランスチェッカー
拡大する

1匹目にトリデプスを採用

ひこうタイプに圧倒的な強さを誇るトリデプスを採用。ウツボットとトリデプスでの相性補完が非常に良く、強い組み合わせとなっている。

デオキシスは出し負けの交代先

だし負けからの交代先としてデオキシスを採用。通常技・ゲージ技ともにも優秀なうえ、技範囲の広さから対応できるポケモンが多い。ゴーストやヤミラミ等、圧倒的不利なポケモン以外は大きく活躍が期待できる。

ウツボットを3匹目に採用

こちらが出し負けた際、1匹目のトリデプスを相手は確認している。そのため、デオキシスに対してチルタリスやエアームド等のひこうタイプを出してくる場合が多い。ウツボットが不利なひこうタイプをデオキシスに使わせる戦術で、ウツボットをより活かす構成となっている。

ウツボットはシャドウ推奨

シャドウウツボットは、はっぱカッターでより大きなダメージを狙える。特定のイベントでゲージ技を変更済みのウツボットがいる場合、シャドウウツボットを採用しよう。

ポケモンGOの他の攻略記事

開催中のイベント

イベント終了まで
リモートレイドパスリモートレイドパス無料配布(3回目)
GOバトルリーグGOバトルリーグ(シーズン4マスターリーグ)
特別ボーナス特別なボーナス
10月の大発見:ヌケニン
ハロウィンイベントハロウィンイベント
ダークライレイドダークライ伝説レイド

告知されているイベント

イベント開催まで
GOバトルリーグGOバトルリーグ(ハロウィンカップ)
アローラガラガラのアイコンアローラガラガラのレイドデイ
11月の大発見:トゲチック
GOバトルリーグGOバトルリーグ(シーズン4全リーグ)
GOバトルリーグGOバトル・ナイト:ひこうカップ
スペシャルウィークエンド1日目セブンイレブンスペシャルウィークエンド
スペシャルウィークエンド2日目マツモトキヨシスペシャルウィークエンド
ビリジオン伝説レイドビリジオン伝説レイド
コバルオン伝説レイドコバルオン伝説レイド
テラキオン伝説レイドテラキオン伝説レイド
ポケモンHOMEポケモンHOME連動年内実装

©Pokémon.
©Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶ポケモンGO公式サイト

攻略記事ランキング
  1. ハロウィンカップの開催期間|おすすめパーティとポケモン一覧
    ハロウィンカップの開催期間|おすすめパーティとポケモン一覧
    1
  2. タスク一覧と報酬ポケモン|フィールドリサーチ
    タスク一覧と報酬ポケモン|フィールドリサーチ
    2
  3. ハロウィンイベント(2020年)が開催!期間や詳細まとめ
    ハロウィンイベント(2020年)が開催!期間や詳細まとめ
    3
  4. クリフの対策ポケモンとバトルに勝つコツ
    クリフの対策ポケモンとバトルに勝つコツ
    4
  5. アルロの対策ポケモンとバトルに勝つコツ
    アルロの対策ポケモンとバトルに勝つコツ
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


攻略メニュー
ポケモン関連の攻略サイト
便利ツール・個体値チェッカー
ポケモンGO最新情報
イベント
リアルイベント
ARコンテスト
GOバトルリーグ
リーグ別評価一覧
リーグ別おすすめパーティ
対戦関連
ゆふいんさん関連記事
GOロケット団
リーダー/ボス関連
したっぱ関連
機能解説
ポケモンGO一覧記事
ポケモンリサーチ
フレンド・トレード関連
伝説まとめ
レイドバトル・ジム戦攻略
レイドバトル
メガレイドバトル
EXレイド
ジム戦
ポケモンGOのランキング記事
ポケモンGOの裏技・小ネタ
ポケモンGO初心者向け記事
ゲームを探す
Gamewithでゲームを探す
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
×