ポケモンGO
ポケモンGO攻略まとめwiki
伝説ポケモンの実装日と出現場所
ポケモンGO攻略記事

伝説ポケモンの実装日と出現場所

最終更新 : シェア
ポケモンGO攻略からのお知らせ
個体値チェッカーをアップデートしました!

ポケモンGOで登場する伝説のポケモンをまとめて掲載!ミュウツーだけでなく、準伝説ポケモン(三鳥ポケモン)の入手方法や原作の特徴を載せているので、伝説ポケモンイベントの参考にどうぞ。

伝説のポケモン一覧

【カントー編】

【ジョウト編】

ゲーム内のイベントまとめ

2017年に実装!?

カントー地方の伝説ポケモンを年内に実装すると、運営会社NianticのCEOハンケ氏が公言。明確な時期やどのポケモンが実装するかは明らかになっていないが、2017年に伝説ポケモンが登場することは確定のようだ。

2017年に実装予定の機能まとめ

夏に大型アップデートがくる!?

5月に開催された第21回「Webby Award授賞式」にて、Nianticの関係者が「この夏は伝説になる」と述べた。伝説ポケモンの実装を指す言葉ではないが、大きなアップデートが来ることには間違いない。伝説ポケモンの実装も十分にありえる。

「この夏は伝説になる」の詳細はこちら

フリーザーの特徴と出現場所

ポケモンNoタイプ1タイプ2
144
フリーザーの詳細はこちら

原作でのフリーザーの特徴

氷による状態異常で敵の動きを封じれたため、非常に強力な相手であった。赤・緑世代では3鳥のなかで最も人気があり、使用率が高かった伝説の鳥ポケモン。

フリーザーの出現場所予想

原作では「ふたごじま」に出現

フリーザーは、ポケットモンスター赤・緑の「ふたごじま」で入手できた。孤島とは限らないが、通常とは違う特定の場所で出現するかもしれない。

青チームだとイベントで入手?

今後のイベントでチーム対抗戦などが開催された場合に、青色(ミスティック)のチームに所属しているとフリーザーが入手できるような仕様になるかもしれない。

フリーザーの出現場所予想
スポンサーリンク

サンダーの特徴と出現場所

ポケモンNoタイプ1タイプ2
145
サンダーの詳細はこちら

原作でのサンダーの特徴

XYなど、3DSのポケットモンスターでの使用率が高い。タイプ相性が非常に良く、耐久力があるのでポケモンGOでの活躍にも期待できる。

サンダーの出現場所予想

特定の決まった場所に出現する?

原作のポケットモンスターでは「むじんはつでんしょ」に登場したサンダー。ポケモンGOに関しても決まった場所に出現するかもしれない。

黄チームだとイベントで入手?

フリーザー同様、今後開催されるチーム戦で黄色(インスティンクト)だと入手できる可能性がある?

サンダーの出現場所予想

ファイヤーの特徴と出現場所

ポケモンNoタイプ1タイプ2
146
ファイヤーの詳細はこちら

原作でのファイヤーの特徴

使える技に優秀なものが少なく、3鳥のなかでも不遇扱いされていた。ポケモンGOではジムバトルで使える性能に期待したいところだが、覚える技次第で評価が変わるだろう。

「にらみつける」は原作だけ?

ポケモンGOでは「にらみつける」という技がない。初代ポケモンに出てくるファイヤーの代名詞と呼ばれる「にらみつける」はおそらく覚えないだろう。

ファイヤーの出現場所予想

チームが赤だとイベントで入手?

ファイヤーに関してもフリーザーやサンダー同様にチーム戦で赤(ヴァーラー)だと他のチームより入手しやすい?

原作ではチャンピオンロードに出現

原作ではチャンピオンロードで出現するファイヤー。ポケモンGOも特定の場所でトレーナーを待ち構えているかもしれない?

ファイヤーの出現場所予想
スポンサーリンク

ミュウツーの特徴と出現場所

ポケモンNoタイプ1タイプ2
150なし
ミュウツーの詳細はこちら

原作でのミュウツーの特徴

特殊攻撃と素早さが最強クラスの伝説ポケモン。ポケモンGOにおいても入手難易度が高く、非常に強力な性能だと予想される。

ミュウツーの出現場所予想

伝説のポケモンはレイドイベントで入手?

現時点で、ミュウツーの出現は一切目撃されていない。公式PVのように人が多く集まる場所で一緒に討伐するイベントで入手できると予想される。

▲公式PVはニューヨークのタイムズスクエアでレイドような仕様となっていた。

ミュウツーの出現場所予想

ミュウの特徴と出現場所

ポケモンNoタイプ1タイプ2
151なし

原作でのミュウの特徴

殆どの技を覚えることができるとされている伝説のポケモン。図鑑では「ぜつめつしたはずのポケモン」と表記されているだけあり、通常のプレイでは入手ができなかった。

ミュウの出現場所を予想

通常プレイでは入手不可

原作のポケットモンスター赤・緑では通常の方法では入手することが出来なかった絶滅種のポケモン。赤・緑ではイベント配布されていたので、ポケモンGOにおいて配られる可能性もある?

ミュウの詳細はこちら
スポンサーリンク

エンテイの特徴と出現場所

ポケモンNoタイプ1タイプ2
244なし
エンテイの詳細はこちら

原作でのエンテイの特徴

覚える技を活かすことが出来ないステータスだった不遇なポケモン。第6世代であるXYではホウオウの固有技「せいなるほのお」を習得し、日の目を浴びるようになった。

エンテイの出現予想

イベント後に野生ポケモンとして登場?

エンテイをはじめとする3犬ポケモンは原作だと「やけたとう」で封印を解いた後、ジョウト地方の草むらを逃げ回る仕様となっている。ポケモンGOで実装された場合も同じようにイベントで登場した後、世界中を逃げ回る仕様になるかも?

スイクンの特徴と出現場所

ポケモンNoタイプ1タイプ2
244なし
スイクンの詳細はこちら

原作でのスイクンの特徴

HPや防御、特防といった耐久性能に長けており、持久戦向けのポケモンとして使われていた。第7世代では数少ないこおりタイプ以外で「ぜったいれいど」を覚えることができるポケモンとなった。

スイクンの出現予想

ライコウ、エンテイとは違った仕様?

スイクンは金銀の後に発売されたクリスタルのパッケージにも扱われるほど、他の3犬ポケモンより特別扱いを受けている。もしかするとポケモンGOでもライコウ、エンテイと違った方法で登場するかもしれない。

ライコウの特徴と出現場所

ポケモンNoタイプ1タイプ2
243なし
ライコウの詳細はこちら

原作でのライコウの特徴

ステータスがすばやさと特効に秀でている。耐久力も高く、火力でのゴリ押しや、じわじわと削る持久戦など様々な戦い方ができた。

ライコウの出現予想

イベント後に野生ポケモンとして登場?

ライコウをはじめとする3犬ポケモンは原作だと「やけたとう」で封印を解いた後、ジョウト地方の草むらを逃げ回る仕様となっている。ポケモンGOで実装された場合も同じようにイベントで登場した後、世界中を逃げ回る仕様になるかも?

ポケモンGO攻略の他の記事

一覧系

ランキング

この記事を読んだ人におすすめ
  • シェア
ご意見・ご指摘

ゲームバランスやデータ引き継ぎなど、ゲームそのものへのご指摘は受付けておりません。

この記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

最新情報

今後のイベント予想

ランキング記事

ポケモン評価一覧

ジムバトル・対策関連

裏技・小ネタまとめ

初心者向け記事

トレーナーレベルの上げ方

個体値/種族値について

ポケモン育成/進化について

ポケモンの捕まえ方

アイテムの使い方/入手

便利ツール・個体値チェッカー

タイプ別ポケモン一覧

タイプ別わざ一覧

権利表記

©2016 Niantic, Inc.

©2016 Pokémon. ©1995-2016 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.

攻略記事ランキング
  1. 1 はねろコイキング攻略!はねコイトップページ
  2. 2 最新版ポケモンの巣まとめと出現場所一覧
  3. 3 個体値チェッカー(計算機)
  4. 4 全ポケモン図鑑!最大CPと強さ評価
  5. 5 はねろコイキング!金コイを釣る方法と確率
もっとみる
ゲームを探す
 ソフトまとめ PS4PSVRスイッチ
攻略取り扱いゲーム
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中