ポケモンGO
ポケモンGO攻略まとめwiki
第三世代(ホウエン)の最強ランキングと注目ポケモン

【ポケモンGO】第三世代(ホウエン)の最強ランキングと注目ポケモン

最終更新 :
ポケモンGO攻略からのお知らせ
近場でレイドバトルができる仲間を見つけよう!

第三世代(ホウエン地方)で登場するポケモン達の、最強ランキングと注目ポケモンを掲載しています。第三世代ではどのようなポケモンが活躍するのか気になる方は参考にしてください。

第三世代の中での最強ランキング

この記事では第三世代で実装されているポケモン内での最強ランキングを掲載している。未実装のポケモンや、カントー、ジョウト地方のポケモンは対象外としている。

全ポケモンの最強ランキングはこちら

実装済みの最強ポケモンランキング

第3世代(ホウエン)関連記事
【新機能】天候について第3世代の最強ランキング
タマゴで生まれるポケモン第三世代のおすすめ技
レア度早見表新技とレガシー技
第三世代のレイドボス対策
第三世代の内容まとめ

1位:ケッキング5

種族値(タップで開閉)
HP
 273
7位 /386匹
攻撃
 290
2位 /386匹
防御
 183
70位 /386匹

高い種族値とCP

ケッキングは第三世代のポケモンの中でも最強クラスのCPと種族値。最大CPは4548ととても高い。

攻撃より防衛向き

ケッキングは通常こうげきがあくびという技しかなく、攻撃には向いていない。弱点が少なく、耐久力と攻撃力が優れているので、防衛向きのポケモンといえるだろう。

ケッキングの強さを解説

おすすめ技

攻撃側防衛側
通常攻撃あくびあくび
ゲージ攻撃じゃれつくじゃれつく

ケッキングの進化前

ケッキングの詳細

2位:ハリテヤマ5

種族値(タップで開閉)
HP
 288
5位 /386匹
攻撃
 209
50位 /386匹
防御
 114
209位 /386匹

新たなかくとうタイプのアタッカー

ハリテヤマは格闘タイプのポケモン。おなじ格闘タイプのポケモンであるカイリキーと違って、耐久力があるのが特徴。攻撃力も高いので新たな格闘タイプアタッカーとして活躍できる。

おすすめ技

攻撃側防衛側
通常攻撃カウンターカウンター
ゲージ攻撃ばくれつパンチインファイト

ハリテヤマの進化前

ハリテヤマの詳細

3位:サーナイト5

種族値(タップで開閉)
HP
 136
120位 /386匹
攻撃
 237
18位 /386匹
防御
 220
20位 /386匹

優れたタイプと、高い攻撃種族値

サーナイトはフェアリー・エスパーで、かくとう技やドラゴン技を効果いまひとつで受けることができる。第三世代のポケモンの中でも攻撃種族値が高いため、最強クラスのドラゴンポケモン対策としての活躍できる。

美しいフォルムで人気

サーナイトは美しいフォルムで原作でも人気のポケモン。♂と♀どちらも存在するポケモンだが、ポケモンのイメージからして♀のサーナイトを選ぶ人が多い。

カードゲームでも活躍

カードゲームでのサーナイトも強力なことが多く、対策が必須になることが多い。最近では2017年日本一決定戦のマスター部門1位のデッキが、サーナイトをメインにしたデッキだった。

おすすめ技

攻撃側防衛側
通常攻撃ねんりきねんりき
ゲージ攻撃マジカルシャインシャドーボール

サーナイトの進化前

サーナイトの詳細

注目のポケモン5

まだ実装されていない第三世代の注目ポケモンをピックアップ!

実装済みの第三世代のポケモンはこちら

メタグロス

高い種族値と耐性が多いタイプ

メタグロスは、はがね・エスパータイプタイプで数多くのタイプに耐性を持つ第三世代のポケモン。耐性だけではなく、種族値も優秀で耐久力・攻撃力どちらも優れている。

原作でのメタグロス

原作でのメタグロスは、対策をしてないとそのまま押し切られてしまうほど強力。特に「コメットパンチ」が強力で、自身の攻撃力を上げながらダメージ与えていくことができる。そのため対策が必須のポケモンとなっていた。

チャンピオンも使用するポケモン

第三世代(ルビーサファイア)の原作では、ストーリー終盤で出てくるチャンピオンの”ダイゴ”が使ってくるポケモンとしても有名。

第三世代の時は希少なポケモンだった

第三世代(ルビーサファイヤ)では、進化前のダンバルが1匹しか手に入れることができないため、希少なポケモンであった。ポケモンGOでも集めるのが大変なポケモンになるかもしれない。

メタグロスの進化前

メタグロスの詳細

ボスゴドラ

高い防御力と数多い耐性

防御種族値が高いポケモンで、はがねタイプで耐性のタイプが多いため、耐久力があるポケモン。ハガネールと違って攻撃力もあるのが特徴。防御の高さなどから最強クラスになるかもしれない。

原作ではあまり使用されない

原作では使用されることが、滅多にないポケモン。しかし、進化前のココドラが持っている特性を活かしたコンボを使っている人は多い。そのため進化後より、進化前のほうがよく使われるという、ちょっと変わったポケモン。

ボスゴドラの進化前

ボスゴドラの詳細

トドゼルガ

氷タイプのアタッカー

氷タイプの新しいアタッカー。ラプラスとタイプが一緒だが、こちらのほうが攻撃種族値が高い。新たな氷タイプの最強アタッカーとして活躍が期待される。

トドゼルガの進化前

トドゼルガの詳細

ヌケニン

特殊なポケモン

原作ではどうやって育ててもHPが1にしかならないポケモン。その代わり特性で、弱点以外の技からダメージを受けない。ポケモンGOではどのように実装されるかが期待されている。

進化の仕方が特殊

ヌケニンはただ進化するわけではなく、ツチニンがテッカニンに進化した際に、手持ちのポケモンに自動的にはいるポケモン。そのため進化というより、テッカニンの抜け殻的な存在だ。

図鑑の説明文が怖い

原作での図鑑説明文に、「かたい からだは ぴくりとも うごかない。せなかから からだの くうどうを のぞくと たましいを すいとられると しんじられている。」と書かれていて、説明文が怖いポケモンとしても有名。

ヌケニンの進化前

ヌケニンの詳細

フライゴン

ポケモンGOでは活躍したい!

原作では種族値の低さなどから、活躍することができてないポケモン。ポケモンGOと原作ではシステムが違うため、活躍することこができるかもしれない。

タイプにドラゴンを持つものの・・・

タイプにドラゴンをもつフライゴンだが、ドラゴンらしい強さは原作ではない。メガシンカしないポケモンクイズに、ハズレ枠として出たり、公式からもいじられることが多くかわいそうなポケモン。

フライゴンの進化前

フライゴンの詳細

ミロカロス

汎用性が高いみずタイプアタッカー

ミロカロスはみずタイプのアタッカーとして活躍が期待できるポケモン。種族値が平均的に高いため、汎用性が高い水タイプアタッカーとして、最強クラスのポケモンと一緒に活躍することに期待。s

原作では手に入れるのが大変

原作のルビーサファイヤでは、ミロカロスの進化前であるヒンバスが入手困難。そのためミロカロスも入手が難しく、ポケモンGOでも入手が困難のポケモンになるかもしれない。

進化方法が変わった

ミロカロスは第三世代での登場当時、「うつくしさ」を上げて進化するポケモンだった。後に「きれいなウロコ」を使って進化するように、変更となった。ポケモンGOでも進化アイテムを使った条件になるかもしれない。

ミロカロスの進化前

ミロカロスの詳細

ポケモンGO攻略の他の記事

ランキング
レア度早見表最強ポケモン最強わざ
おすすめ一覧
たまご出現一覧ポケモン一覧わざ一覧

©Pokémon.
©Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

ポケモンGO攻略情報

第3世代まとめ

ポケモンGO最新情報

今後のイベント予想

USUM攻略情報

伝説まとめ

ポケモンGOのランキング記事

ポケモンGO評価一覧

レイドバトル・ジム戦攻略

ポケモンの裏技・小ネタまとめ

ポケモンGO初心者向け記事

トレーナーレベルの上げ方

個体値/種族値について

ポケモン育成/進化について

ポケモンの捕まえ方

アイテムの使い方/入手

便利ツール・個体値チェッカー

タイプ別ポケモン一覧

ポケモンGOタイプ別わざ一覧

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中